SUGについて

SUGは、私の造語です。
「世界を裏から支配するグループ」のことですが、世界のS、裏からのU、グループのG、でSUGとしました。
とても曖昧ですが、その曖昧さが逆に使い勝手の良さになっています。

影で世界を牛耳る勢力は確実に存在しています、金融ユダヤ、金融マフィア、ハザール、カバール、シオニスト、裏社会、影の政府、闇の存在、アシュケナージユダヤ人、サバタイ派ユダヤ人、フリーメーソン、イルミナティ、ロスチャイルド一派、ロックフェラー一派、などなど、その一部を表す言い方を含めて様々な言われ方をされていますが、彼らは正体をつかまれないよう、表には出ることはなく、名前を付けられ存在を特定されることを注意深く回避していますから統一した呼び名がありません。

誰がそのトップで、どこまでがそのグループかを特定するのが困難で、コアなグループなのか命令を受けて働いているだけなのか実態は良く分かりません。
しかし、そのグループは確実に存在していて、経済だけではなく環境問題にも、健康問題にも大きく影響を与えています。

その正体や実態は類推するしかないのですが、雲のようにつかみにくいそのグループを大づかみにでも把握して表現する手段があると、様々な説明の場面で便利なので、世界を裏から牛耳る勢力をSUGと名付けて使用します。

このホームページの主なテーマはBeコンです。
思いの問題、健康の問題、時代の変化などが主な関心事でそれらを扱うことになりますが、時代の変化はこのSUGが崩壊することが現象的にとても大きなイベントですし、思いの問題、健康問題にもSUGはとても大きく影響しています。
SUGとBeコンは何の関係もないように思われがちですが、SUGの問題は、Beコンをお話しするうえで避けて通れない話しなのです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

TOP