2018年を迎えました。

 

私は、ここ数年、時代が変わると言い続けているのですが、思ったほど早くないのだなという感じです。

911のテロ事件ですら、日本ではいまだに真相が公にされていません、時代の変化はディスクロージャー(真実の開示)からではないかと考えているので「ん~なかなか進まないな~」という感じもしますが、いっぽう早く進み過ぎるハードランディングからくる社会の混乱を考えると今くらいのペースがちょうど良いのかなという気もします。

 

これから迎える時代の変化は、私たちが今回の人生では体験したことのない大きな変化です。

私たちが日本人として経験したここ最近の大きな変化で体験者がまだご存命なのは、おそらく第二次世界大戦の終戦後の変化だと思いますが、今私たちが迎えている変化はそれよりもはるかに大きな変化の入り口だと考えています。

 

時代の変化を荒波の中の航海に例えた場合、あの波が大きい、この波が迫っているなどと波を見ていたら混乱が広がるだけです、目指すべき港を見据えて航海するのがコツになります。

波を見るのではなく、行き着く先を見据える、実はこれBeコンですね。

 

変化はディスクロージャーから

 

では、これから訪れる変化がどういうものか、ということですが・・・・これは私も分かりません。

当然です、私などに分かるはずもありません。

しかし、大まかにこんなものでは・・というのがあります。

 

まず、変化の初めはディスクロージャーというかたちで始まると予測しています。

今まで隠されていたことが次々表ざたになり、ディスクロージャーの連鎖のようになると思っています、911の真実、311の真実、などなど、すでに知っている人にとっては「やっと明かされたか」という感じでしょうが、知らなかった人にとっては、かなり驚くことになると思います。

 

しかし、911や311のことをずっと以前から知っていた人でも宇宙人や地底人の話になるとちょっと「えっ~」ということになると思います。

そして、宇宙人や地底人のことまた、地球人でありながら高度な科学力、技術力をもち一般世界と離れて生活している人々の話し、南極の基地の話しなどなど、いろいろな事情に通じている人でも驚くようなことが沢山でてくると感じています。

 

おそらくですが、あれもこれも、何もかも真実が隠ぺいされていたと感じて常識が大混乱するのではないでしょうか、しかし、これらは波です。

 

変化の核心

 

それでは、これからの変化の核心、つまり行きつく港とは何なのかという話ですが、核心は「自分が何者か」ということだと思います。

自分に対する認識の変化が本来の核心部分だと思っています、実はこの変化に際して大切になるのがBeコンだと感じていまして、その準備として、このホームページを作りました。

そんなわけで、自分に対する認識の変化についてはこれからもお伝えすると思いますが、もう一つ違った観点からの変化があります。

これは分かりやすい変化で、生活に直結する変化です。

今、社会が抱えている、あるいは世界が抱えている問題が解決するような変化になります。

 

その変化というのは、私たちの考え方の土台になる思いが「今だけ金だけ自分だけ」から「全体のために今何をするのが良いか」に変わるということです。

 

911の真実、311の真実、日本を支配していた勢力の話し、不正な選挙の話し、宇宙人の真実、空間からエネルギーを取り出す話、など驚くようなことがあると思いますが、実は、本当に大きな変化は人々の根底にある思いが「今だけ金だけ自分だけ」から「全体のために今何をするのが良いか」に変わることです。

これは小さいようで大きな変化です。

私の感じかたからするとゆっくりな感じがしますが、ずいぶん前から少しずつ変わってきていて、大地震など災害の後の人々の行動などによく表れています。

この変化は、あるきっかけから大きく変化が加速するとみていますが、それがディスクロージャーです。

 

一つ大きなディスクロージャーがあり、それに伴う人々の逮捕などあるとマスコミの統制がきかなくなりディスクロージャーの連鎖が始まる。

そんな流れのイメージですが、それが今年あたりおきるのではと期待しています。

 

2018年、楽しみな年です。

今年は、もう少しこのBeコンのホームページに力を入れます。

 

以上

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

TOP